アラフォーお父さんのゲーマー塾!

PCのレトロゲーム、ファミコンから今に至るまでひたすらゲーマーであり続けたアラフォーお父さんの日々を語るゲーム批評・レビューです!


【ゲーム関連&人気速報RSS】
Powered By 画RSS
つきまるのつぶやき
【アラフォーお父さんのゲーマー塾】新着記事
>> 全記事一覧を見る Powered By 我RSS
このブログのRSS

スポンサーサイト  


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

他人のファミコンカセット瞬間最大保有数 約50本(そのうち自分の2、3本)を、惜しみも無くすべて売っぱらった話し!   


100118fcbubble01.jpg
※画像はイメージです。
引用元:http://www.kotaku.jp/2012/05/famicon_soft_on_yahoo_auction.html


今ではビックリするような話しなのかもしれないが、
ファミコン中古屋が一般的ではなかった当時、カセットは人から人へと渡り歩いていく時代であったのだ。
「売る」のではなく「貸す」「借りる」時代だったのだ。


■白昼堂々と行われていたファミコンソフトの「また貸し」


images_namae.jpeg
※画像はイメージです。
引用元:http://tamasoku.blog35.fc2.com/blog-entry-3107.html


ファミコン全盛期は「また貸し」が堂々と行われているのが日常だった。
ソフトに油性マジックで名前を書く、という今では考えられない?ことを親が指示したのも、当時の事情を知るものなら頷けるが、
その名前付きのソフトでさえ、又貸しの繰り返しの対象となり、持ち主の元には二度と帰ってこないことも珍しくなかったのだ。

なので、タイトルの最大保有数50本としたが、そんなのは「あたりまえ」であり、自慢でもなんでもなく、ごく普通の出来事に過ぎなかったと言える。それを全部売っぱらった、というと悪どい感じがするかもしれないが、その行為ですら、特に珍しいことではなかったのだ(本当ですよ)
(もちろん自分が誰かに貸して帰ってこなかったソフトも多数あります)

POINT:人に貸す時は、箱を付けないことが多かったんですね。
このせいで、今でも生き残っているファミコンカセットは単体ばかりで、箱付きで現存しているのは貴重品となっているのは周知の通りです)



■学校内でファミコンカセットをかき集めてこいと言われていた(本当)


4968947920019.jpg
※画像はイメージです。
引用元:http://www.famicom.biz/all/htmls/4968947920019.html


中には悪どいやろうもいた。
デパートに中古業者が定期的に巡業しにきていた頃だ。
その情報を知るや、ファミコンカセットを後輩や舎弟のような者達に「クラスの奴らからかき集めてこい」と、指示していた学校のコワイグループがあった。
その時は、そのコワイグループの為に、みな、ファミコンカセットを1本以上、謙譲しなければならない・・・というヤクザチックなことも一部では行われていたぐらいなのだ。

さすがに、私はそのグループではないぞ。
あくまで自然な形で生活していたら、知らぬ間に家に50本ファミコンカセットが集まってしまったのだ。
その大半が、元々は誰のゲームだか全然知らないカセットばかりであった。なので返し用がないわけだ。

その全てをたかだか「海パン/水着」を買う為に売っぱらった。
なんでそんなに潔かったのか、今ではもう謎だ。
たぶん、彼女ができて海に行くのに金がなかったんだと思う...w


■昔の査定額は雀の涙ほどであった!?


たいていのゲームは、100円から500円。
人気あったり比較的新しいのですら1000円とか1500円程度の買取値
思いっきり足下見られた査定額なんですね。
当時は中古屋の相場がまだ確立されておらず、高価買取でもその程度の金額なんです。

で、買取額はトータルで10,000円位だったでしょうか・・・。
中にはドラクエやFFもあったはずなのでかなりぼったくられてますよね。
でも、ファミコンカセットが少しでも金になる、というだけで「儲けた」という感覚があったのがこの時代だったのです。

街に出来た初めてのファミコンショップでも、新作のスーファミソフトを発売後3日でクリアーして速攻売っても最高額2500円と決まっていました。それ以上の価格設定が存在すらしていなかったのです。
(他の店、地域では多少事情は違うでしょうが・・・)


今だから言える、誰だか知らないけどゲーム売ってゴメンなさいって...!?
でも、誰も覚えちゃいないと思うし、自分のカセットもかなり犠牲になっているから、お互い様の時代であったのだ(苦笑

実際は2、30本だったかもしれませんが、詳しい本数は記憶にございません(苦笑


熱血硬派くにおくん熱血硬派くにおくん
(1987/04/17)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る


ファミリーコンピュータ 本体ファミリーコンピュータ 本体
(1983/07/01)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る


ポケファミ【メーカー生産終了】ポケファミ【メーカー生産終了】
(2005/01/01)
ゲームテック

商品詳細を見る



button52.gif









関連記事
スポンサーサイト

category: ゲーマー武勇伝

thread: 懐かしのゲーム - janre: ゲーム

tb: 0   cm: 2

コメント

いまだと専門店じゃないリサイクルショップで1本100円ぐらいで販売、買い取りだとまとめて数百円
値段的にはアレだから今から買って返しに行くってのも面白いかも。名前入りソフトを返しに行くって企画がどっかであったような

URL | JJJ #8iCOsRG2
2012/09/06 11:34 | edit

>> JJJさん

売ったときはいつでも返せる、と確かに思ってましたが持ち主がもう不明で(苦笑
それに「返してほしい」という要望も実際にはほとんどありませんでしたね〜w
もちろん今からでも「返せ!」と言われたら返しますよ〜!w(^^;

URL | つきまる #-
2012/09/07 16:51 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://around40gamer.blog.fc2.com/tb.php/41-92d3e6cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。