アラフォーお父さんのゲーマー塾!

PCのレトロゲーム、ファミコンから今に至るまでひたすらゲーマーであり続けたアラフォーお父さんの日々を語るゲーム批評・レビューです!


【ゲーム関連&人気速報RSS】
Powered By 画RSS
つきまるのつぶやき
【アラフォーお父さんのゲーマー塾】新着記事
>> 全記事一覧を見る Powered By 我RSS
このブログのRSS

久しぶりの再プレイ「ダンジョンマスター」SFC版(1)  


ta_0056_00.png

最近またSFC版「ダンジョンマスター」をプレイしている。
前の記事で自分にとっての「ダンジョンマスター」の想いを一部を書いた。
このゲームは何度売ってももう一度プレイしたくなる、繰り返し遊べるリアルタイムRPGなわけだ。
だから、20年経ってもまだ遊べるわけで、こんなRPGはそうザラにはない。

今更、攻略記事にしても意味が無いので再プレイするにあって、これまでさんざんやってきた経験から培ってきたダンマスの独自見解を述べてみたいと思う。

1)4人プレイは面倒くさい

昔、4人、3人、2人、1人と全パターン攻略してわかったことは、1人の方がはるかに楽だということ。
4人にしたところで、扱うキャラがただ多くなるだけで、荷物の管理もややこしくなるだけ。
ただ、寂しいはあるかもしれないが、4人いてもそれぞれが会話するわけでもなく男女混ぜてもイチャイチャできるわけでもないから、メリットはあまり多くない。

ほとんどの作業をすべて一人でこなすからレベルアップもさくさく進むしお薦めである。
今となっては、4人パーティでプレイする気力もない。


2)荷物を一カ所に集めると、その付近やその階層の処理が非常に重くなる。最悪固まる。

このゲームは、持ちきれないアイテムを宝箱に入れたり、エリアを決めてその宝箱をいくつも保管しておいたりする事が多いと思う。
自分が以前から倉庫に相応しいエリアと考えていたのが7階の直通階段前のエリア。炎を杖があるところだ。

ここは、1階から14階までの中間地点であり、7階から13階まで直通階段が通っているので双方の移動に便利。
しかし、一カ所にアイテムを大量に置いておくと、リアルタイム処理の関係なのかゲームの処理が著しく重くなっている。
1歩あるくのに2、3秒かかっていた気がするし、SFCの限界なのか、その状態でアイテム管理していると途中でバグることも何度か経験している。

で、アイテムを一括管理していた7階全体が異常に重かった記憶があるので、アイテム情報はその階層に入った瞬間すべてロードされていると考えていいのではないかと思う。

そのため、今回の再プレイでは、階層毎にアイテム保管エリアを分けることにした。
たとえば、何階には食料、何階には武器、という風にね。

その上、ダンマスの世界では、アイテムを捨てる、という行為はアイテムを投げるか、置くかのいずれかの選択肢しかないので、世界から抹消させることができないのが面倒な部分。抹消できるのは「鍵」「食料」「フラスコ」あたりだけで、武器を捨てても床に置かれるだけなので、その存在を無くすことができないのだ。

3)食料はスクリーマーの肉だけ十分

DMNscreamer2.jpg

ダンジョンをさまよっていると、もも肉やらとうもろこし、パン、チーズなどの食料が無造作に放置されているが、これらを集めていると結局非常時用と考えてまとめて保管していしまい、もったいないのかけっきょくあまり食べないという結果に陥る。

もちろん最低限保存食料は確保したいところだが、まったく食べないのにもも肉セットを宝箱に詰め込みまくったところで意味が無いのだ。
食料はプレイ中は最低限を携帯し、餓死しそうになったらスクリーマーの巣にランチにしに行けばいいだけのはなし。

まぁ、巷ではゴーヤともカリフラワーともいわれるスクリーマーの肉なので、味の方は我慢せざるを得ないが。


4)基本は薬でドーピング。

ソロプレイの唯一辛いのは、アイテムの所有数と、重量の概念から、持ち物管理が最も辛い所である。
先ほどの持ちきれないアイテムは倉庫に保管するのは言うまでもないが、持ち運べるアイテムを宝箱を使って可能な限り多くしなければならない。

この宝箱が厄介で、かなりの重量があるのだ。
かといって、フラスコ10個とか素の状態で持っていたら、バックパックはすぐに埋まってしまう。
これらは嫌でも宝箱に入れておいて持ち運ばなければならなくなる。
このように、いくつかの宝箱を携帯しながら移動することになるのだが、持ち運べる重量がソロだと限界がある。

そこで必要になってくるのが、重量アップの魔法(強さアップともいう)「秘薬クー」である。
これを飲みまくれば、持ち運べる重量が数倍に跳ね上がる優れものだ。しかも、睡眠してもあまり減らず持続効果時間が長いところがとてもイイ!。

ソロプレイでは、体力回復の魔法の次に「秘薬クー」を多様することになるのだ。
逆にコレないと、ソロなんてやってらません!w


このように、これまでの経験から解っている見解の述べさせていただいた。
久しぶりのダンマスプレイで、また何か新たな発見ができればいいな、と思っている。

スクリーンショット(2012-08-22 11.11.30)

そういうことで、選んだキャラは定番人気の「ゴスモグ」選んでソロプレイに出発!

ダンマスのネタは他にもいろいろあるので、今回のソロプレイの感想に限らず、今後も情報を載せていきたいと思います。


ダンジョンマスターダンジョンマスター
(1991/12/20)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る



ダンジョン・マスター ネクサスダンジョン・マスター ネクサス
(1998/03/26)
SEGA SATURN

商品詳細を見る



button52.gif







関連記事
スポンサーサイト

category: 現在プレイ中のゲーム

tb: 0   cm: 1

コメント

昔PC-98版を遊びました

98はもうないですが、メディアは箱ごとどっかにしまってあります。
98版が出る時、いつも行っていた秋葉原の店の人から声をかけられましたが、RPGには興味ないと言って断りました。しかし結局数ヶ月後に始めました。既にマップがNifty Serveにアップロードされていました。ドラゴンのいる広いフロアに降りて、ミシーリ、ミシーリという足音を聞き (当時FM音源のないエプソンポータブルにカラーCRTディスプレイを繋いで遊んでいました) ファイアーボールが飛んできた恐怖を憶えています。次のミッションが出るまで無闇とレベル上げをやっていましたっけ。CSBは発売と同時にヨーイドンで皆と競争で始めましたが、一台のパソコンとセーブデータを数人で交代で24時間遊んでいた連中にはかないませんでした。

URL | へべれけ #OrRzc1jQ
2017/03/10 23:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://around40gamer.blog.fc2.com/tb.php/35-b338a3d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)