アラフォーお父さんのゲーマー塾!

PCのレトロゲーム、ファミコンから今に至るまでひたすらゲーマーであり続けたアラフォーお父さんの日々を語るゲーム批評・レビューです!


【ゲーム関連&人気速報RSS】
Powered By 画RSS
つきまるのつぶやき
【アラフォーお父さんのゲーマー塾】新着記事
>> 全記事一覧を見る Powered By 我RSS
このブログのRSS

スポンサーサイト  


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

新生FinalFantasy14(FF14)A REALM REBORN βテスト版やってみた! / PS3  



ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア(特典無し)ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア(特典無し)
(2013/08/27)
PlayStation 3

商品詳細を見る


■正直、率直感想を言おう!

悪評だった旧FF14をほぼ作り直しして「A REALM REBORN」とした今作。
まだ序盤しかやっていない今のウチに、正直な感想を述べておきたいと思う。

ちなみに私はFF11を社会人プレイヤーとしておそらくかなりやりこんだ方なので、FFのオンラインに関しては理解があるし、また適切な眼で感想を述べることができると信じている。

以下、ほとんど短所しかないが、まとめてみた。

■FF11よりむしろFF12を彷彿させる!

オープニングムービーはまぁいいだろう。
しかし、その後のゲーム自体が問題だ。

自分がどこにいるのかわからず、あっちこっち行き来させられるクエストの連続。
クエスト自体もつまらないもので、まともに読む気おきない。全部スキップ。
オンラインなのに、オンライン的要素が序盤には一切おきない。ただひたすら単調なクエスト、クエストだけ・・・!

これじゃあ、疲れる。
きれいなグラフィックも響いてこない。

ふとこのゲーム何かに似てるな〜と感じた。
で、それがFF11のオンラインではなくてその次の12だ。

12も序盤こんな感じだったんだよね。
でかい街を行ったり来たり、クエスト受けてつまらん敵をやっつけて報告・・・等。

ちなみに、わたしはFFシリーズを一通りプレイしているが唯一プレイしていないのがこのFF12だ。


ファイナルファンタジーXII(特典無し)ファイナルファンタジーXII(特典無し)
(2006/03/16)
PlayStation2

商品詳細を見る


しかもきちんと「正式の購入」してすぐ売っぱらったという、経緯を持つ、もうプレイしたくない鬼門のシリーズ。

噂でFF12はスタッフの入れ替わりが激しく、出来損ないのゲームになっているという話しを聞いていたのだが、まさにそんな感じで「オフライン」なのに「オンライン」のような作りをしてしまっているのが個人的には最大の欠点。
(他にはFF7とFF9もプレイしていないが、嫌いではなくただタイミングを逃しているだけ、ただ今となってはグラが荒すぎて辛いw)

で、このFF14ときたら、そのFF12をオンラインにしたような雰囲気を醸し出している。
どうりでつまらないわけだ!w

■キャラのカスタマイズ性が高い割に、同じ様な顔にしかならない。

誰も不細工なキャラ使いたくないよね。
そうなると、選択するキャラのパーツは限定されてしまうのだから、プレイヤーは同じ顔ばっかりとなる。
カスタマイズ性の劣るFF11の方がまだいろんな顔したプレイヤーいたけどなぁ〜。

オブリビオンやスカイリム並みとは言わないが、もう少しバリエーションあってもいいのではないかと思う。
結局できあがるのは「個性のない同じような顔したキレイなキャラ」になってしまう。
まるでどこかの国のようではないか!?w

■FF11を何もリスペクトしない、あの感動がもう存在しないFF14!

FF11ははまりにハマり、幸い「やめられた」が、今でも思い出としての後遺症が少しある(苦笑)

思うに、国内のMMOでは一番成功したはずのFF11をなんでリスペクトしないのかな、と思う。
FF11は「エバークエスト」を元にしているらしいので、システムのできがいいのは当然だが,それはつまりそれ以外では成功していない可能性が高いはずであった。


エバークエスト お買い得パックエバークエスト お買い得パック
(2002/10/04)
Windows

商品詳細を見る


更にいうなら、スクエニは、エバークエスト2も日本でサービスしていたのだから、そのノウハウは完璧だったはずだ。

しかし、おそらくはFF11の成功で、「オンラインゲーム」に自信を持ってしまい独自のシステムを盛り込んでもうまくいくだろうと過信していたに違いない。現にその問題は、FF14を作り直したことで疑う余地がない。

しかし、作り直した割に「コレか!」というのがほんと正直残念で仕方ないのだ。

昔からこの会社(スク□アは)FFシリーズを毎回、最後の挑戦的な気持ちで取り組み、現時点での最高のゲームを作る、ということにファイナルファンタジー本来の意味、そして真髄があるとかどうとか説明していたが、それはつまり「楽しかったゲームシステム」を新たに毎回作り直すことにあり、裏目になることが多々あった。

FFシリーズが毎回非難を浴びるのはこういった問題を抱えているわけで、たとえばFF8なんからグラフィックがきれいになった割りに、シナリオや世界観が受け入れがたく、しかもジャンクションシステムという最悪の設定を導入したことが悪評にもなっている。
その他、先のFF13とかは戦闘は非常に面白かったがそれ以外がクソだった。これはアマゾンレビュー見れば一目瞭然。

FFシリーズは、このような「毎回作り直す」ことに意義を見いだしている。
その姿勢、社風があったからこそ「レルム リボーン」できたには違いないのだが。

FF14もおそらく、FF11の真似をしたくないという頑な姿勢があったように思い、それが原因でこうなったと考えている。

しかしなぁ、それでFF11を真似せず、FF12を真似するって・・・(苦笑

■リボーンしたことに関してはある意味共感する!?

これまでのシステムを作り直し、それをストーリーにも反映させるという流れに関しては個人的に共感するところではある。
世界の破滅するストーリーを旧FF14で体感したかったな、と思っている。
まぁ、ただそれだけなんだけどねw

■長所は・・・今のところ皆無。だが一応、もう少し頑張ってみるよ。

オンラインだからパーティプレイができるレベル15〜20までは頑張ってプレイしてみるつもりだ。
そこで、今回の様な気持ちにしかならないのなら潔く辞める。面白くなるのを期待している。
その時は改めてその気持ちを綴ってみたい。

→新生FF14βテスト参加手順
http://www.finalfantasyxiv.com/preparebeta/


ファイナルファンタジーXIV:  新生エオルゼア コレクターズエディションファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア コレクターズエディション
(2013/08/27)
PlayStation 3

商品詳細を見る



ファイナルファンタジーXIファイナルファンタジーXI
(2002/05/16)
PlayStation2

商品詳細を見る



button52.gif









関連記事
スポンサーサイト

category: 現在プレイ中のゲーム

thread: FF14 - janre: ゲーム

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://around40gamer.blog.fc2.com/tb.php/131-892f0443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。