アラフォーお父さんのゲーマー塾!

PCのレトロゲーム、ファミコンから今に至るまでひたすらゲーマーであり続けたアラフォーお父さんの日々を語るゲーム批評・レビューです!


【ゲーム関連&人気速報RSS】
Powered By 画RSS
つきまるのつぶやき
【アラフォーお父さんのゲーマー塾】新着記事
>> 全記事一覧を見る Powered By 我RSS
このブログのRSS

レジェンド オブ モンスターズ 無課金の攻略まとめ「9」はじめてのギルドバトルやってみた!!   


LOM_BlogBanner.jpg
↑レジェンドオブモンスターズの記事をまとめました、こちらをクリック!


ギルドバトルもともと自動マッチングというのがあまり好きでないのと、バトルするほど戦力がないと考えていたので、これまでし遠慮してきたのだが、ある程度のカードが集まりやることがひたすら金策ではつまらないので、未知のイベントであったギルトバトルを半ばせざるを得ない状況になったわけだ。

ただレイドやマラソンイベント同様PPがぶ飲みするようなプレイ、つまり本気でやるわけにはいかないので試しにやってみたという感じだ。
(PPは飲むものではなく貯めるものという認識ですのでw自分用は別だけど)

■ギルドはもちろんの自分のギルドだ

どこかのギルドに入るとルール強要、挨拶強要、等要らぬものばかり求められそうな感じもするし、実際はいつ辞めるかわからないので、ゲーム内ではあまり交流を持たないようにしている。
暇つぶしのお気楽ゲームではなくなってしまう。そういうスタイルのプレイヤーはけっこういるはずだ。
(FF11を3年間やっていたのでゲーム内のフレンドの価値は知っているつもりです)

なのでギルドに入るのではなく作る事にした。(だいぶ前に作ってありました)
参加者3人、言うまでもなくこの3人はすべて自分のアカウントだ。

バトル以外にもギルドに入っているとアカウント同士のトレードなどをする時に、同じギルドだと便利なのと、ギルドを作っているとイベント報酬で少なからずPPが貰えたりするので、例えソロプレイメインの人でも自分だけのギルドは作っておいたほうが特策だ。

ちなみに今回、わたしはギルトバトルというものをよくわかっていない初心者視点での解説なので、おかしな事をいっているかもしれないがご容赦いただきたい。

各属性の祭壇は完備、壁は5つほど設置した状態でいざ参戦してみる。

78721e593c4462f7.jpg

■はじめてのギルドバトルマッチング

バトル初期は自分のレベルや戦力に応じてマッチングされるのはわかっていたが、こちら3人で、メインアカウント以外はたいして強くないw
いちおう3アカウントの最大火力はそれぞれメインが「55万」、サブが「30万」と「20万」となる。

どんなギルドとバトルすることになるのか、楽しみではあるが不安でもあった。

そういうことで、しばらくするとマッチングされたのは20人ほと在籍しているギルド。
人数だけ見ると「これ勝てんのかな?」と思ってしまう。
半数以上がレベル100越えだし、数の計算で言えば普通は「勝てるはずがない」。
おまけにディフェンスリーダーまでいる!!

しかしこのギルトバトル、勝利の条件は「制限時間内にギルトポイントが多い方が勝ち」という条件。

またすぐにはわからなかったのだが、ギルド人数が20人いても、リアルタイムで戦闘に参加しているプレイヤーは数人である、ということだ。

このリアルタイムで戦闘に参加できるプレイヤーの数が、現実の戦力差ということになる。
それとパワーポーションを使用できる数も勝利の戦力の差になる。


こちら3人と比較して、相手のギルドは20人も在籍している割りに、戦闘できるのが1、2人と非常にやる気のない数でしかなく、20人在籍と言っても半数以上が、レベル50以下で最近初めてばかりのようなレベルのプレイヤーもいるほどであった。

このような状況を踏まえつつ、どうしてこのギルドとマッチングされたのかようやく理解できた。
つまり「勝てそうなギルドしかマッチングされない」のだw

そのうえギルトバトルは「やる気あるプレイヤーがリアルタイムで参戦」していないと、まったく意味がないのだ・・・勝算はかなりある!?

最近おまけでやっている他カードゲーム「戦力炎舞」の「合戦」に近いものだ。
「戦力炎舞」は、1日に3回合戦があり、これがLOMでいうギルトバトルに近い仕様だ。


■やってみなけりゃわからなかったギルドバトルのいろいろ

こちらの3アカウントはすべて自分であるから、いわば超精鋭であるw
ギルドつくりたての人数多いだけの「烏合の衆」とは訳が違う(苦笑

初めギルドポイントを減らす「壁」に攻撃を仕掛けるのが常道だと思っていたのだが、すぐそれがほとんど意味のない事に気づいた。

こちらは無課金なのでパワーポーションは(自分用)しか使わないし、無駄な戦闘は極力避けなけければならない。
このままでは壁攻撃するだけでPPが無くなってしまう、という悲しい状況。

壁はたいていの場合「無視」するものだ、ということに気づいた。
壁を攻撃してもいい場合は、参加プレイヤーが総勢で一気に破壊できる場合のみ、だろう。
そうでないと弱小チーム同士で壁いちいち攻撃してたら、壁だけでバトル時間終わっちゃうよね(笑

そういうことで、ターゲットをディフェンスリーダーに移行。
DLは防御のスペシャリストなわけだから、数回の戦闘を余儀なくされるだろうと思いきや、防御力たったの「200前後」・・・もちろん一発で勝利。

だんだんギルトバトルのコツがわかってきたぞ!?

■あっけなく勝利、というか意外に負けないギルドバトル

バトルは一度勝利したから終わりではなく、「ギルトポイントを稼げそう、又勝てそうな相手に集中攻撃を加え、連戦すること」である。

なので、通常はギルトポイントボーナスの高いリーダーに集中攻撃を加えることになる。
次にサブリーダー、アタックリーダーとなる。
勝てそうもなければ、勝てそうなプレイヤーだけに絞って戦闘を仕掛ければいいだけの話し。

そうこう連戦しているウチに、相手のリーダーなどの防戦力が低くなってくると、サブアカでも倒せるようになるので、さらに集中攻撃を加えて防戦力を骨抜きにしていく。

相手チームとギルドポイントの比較をチェックし、相手のポイントの増え方を見ると、どれだけの人数が参加していて、どれだけ勝利しているか、というのがすぐわかるので最終的な勝利もかなり序盤で把握できる。

ただバトル自体はたいしてスリルもなく、通常バトルの繰り返しに過ぎない。ハラハラドキドキも何もない味気ないもので、けっきょくは「参加人数とパワーポーションがぶ飲みすれば勝つ」というのが最終的な結論。

なので、無課金プレイヤーでは無駄にPP消費できないので、マッチング連戦などはとうていできない。
勝てば勝つ程、強いギルドに当たるらしいが、そこまでPP持たない。

■PPの関係でバトル少ないが4戦全勝、ただ勝利にほとんど意味はない

今回はマッチング4回で、すべて4戦全勝したところでPP限界きたので終了した。
勝てそうな(弱い)相手としかマッチングされないとはいえ、はじめてのギルトバトルでたった3人で4戦全勝は、個人的にかなり満足のいく結果だった。

しかし、チームに勝利することはギルトポイントだけを考えてみると対して重要でない。
負けてもポイントはいるし、バトル中の勝利の分だけポイントはもらえるわけだから、勝利に固執する必要はほとんどない。チーム勝利はボーナスが入るか否かという違いぐらいだろうか?
最終的には「ランキングに入り報酬を貰えるぐらいポイントを稼ぐ」というのが目的となる。

この報酬を考えると、500〜800位に入ればいい。パワーポーションx5貰えるからw
個人ランキングは、1201〜3000位に入ればいい。

目標はせいぜいそのへんだから、今後も気楽にギルトバトルに参加してみようと思う。

それにしても一度やると、ディフェンスリーダーが欲しくなる・・
GB用URカードが欲しくなる・・・

■備考:システム的な問題多数

度重なるメンテナンス、ギルドバトルの中止等、悲惨な運営の体質が今でも引き続いている。
画集が出たので、買うプレイヤーが相応多いだろうから利益もあがるし、運営には頑張って頂きたいところだ。


レジェンド オブ モンスターズ 公式画集レジェンド オブ モンスターズ 公式画集
(2013/06/24)
不明

商品詳細を見る


ロードオブワルキューレ Lord of Walkure~X指定~ アダルトオンラインゲーム

button52.gif








関連記事
スポンサーサイト

category: [連載] レジェンドオブモンスターズ

thread: カードゲーム - janre: ゲーム

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://around40gamer.blog.fc2.com/tb.php/118-80a5c61e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)